ビタミンE

アサイープロ

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
アサイー
税込・送料無料、郵便振替の手数料も無料
アサイープロ >> ビタミンE

ビタミンE

うな重

ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。ビタミンE作用をするトコフェロールという物質には数種類ありますが、このうち最もその作用の強いのはα(アルファ)-トコフェロールです。このα-トコフェロール量(mg)をビタミンEとしています。ビタミンの中で、もっとも抗酸化作用があるといわれているのが、ビタミンEで若さを保つビタミンとして有名です。皮膚の細胞内でビタミンEが不足すると紫外線などの影響で脂質が酸化します。
ビタミンEといえばウナギです。ウナギにはビタミンA、B1、B2、D、EやDHA、EPA、ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)など身体に大切な栄養素が大変豊富な事でも有名です。そのことからウナギは夏バテ解消の疲労回復によく食されます。その中でもビタミンEはウナギ100gに1日に必要な量の約半分を補えるといわれています。天然と養殖では多少栄養価も違うと思いますが、1日に200g食べれば1日に必要なビタミンEを得ることが出来る、ということになります。アサイーはそのウナギより6倍多くビタミンEが含まれていますので約30gくらいで補えるということです。といいましてもそうそう毎日ウナギを200g食べることは現実的に無理ですからね。
多くのビタミンを含んでいるウナギに唯一含まれていないのが「ビタミンC」なのです。これを含む食材、と一緒に食べることがバランスの良い食事になるといわれています。その点アサイーはビタミンCも多く含んでいますのでこれらの食品を全てミックスしたようなフルーツなのです。

それにしましてもウナギってとてもカロリーが多く感じますよね?ところが実際はウナ丼のカロリーは約500kcalに対して、天丼約650kcal、親子丼は約670kcalと意外と他のどんぶりに比べて低カロリーなのです。
因みによく「土用の丑の日」と聞きますが、あれは ウナギ屋から相談を受けた平賀源内が、昔から「丑の日」に「う」の付く食べ物を食べると夏やせしないといわれていたことから「本日は丑の日」と書いて店先に看板を出すよう勧めたところ、その「ウナギ屋」がたいへん繁盛したといわれている有名なお話です。

アサイーは100g中に含まれるアントシアニンが460mg!